ガン検診を受けよう!

Tag: ガン検診 予防 生活習慣病

がん」は、30年以上日本人の死因の第1位であり、特に50歳代後半では死因の半数近くを「がん」が占めています。

日本人のおおよそ2人に1人が一生のうちに「がん」と診断され、3人に1人が「がん」でなくなっています。



大切な人、自分のためにも必ずがん検診を受けよう

ガンを防ぐには、何よりもがん検診が欠かせません。
ガンを早期発見できれば、適切な治療を受けられます。

ガンの原因が明らかになり、具体的な予防法も研究が進んでいます。

現状ではガンの危険因子は男女ともに喫煙(受動喫煙を含む)、感染、飲酒が三大要因です。

ガン予防の基本は、生活習慣を見直し、ガンの原因を極力避けることです。



ガンを防ぐための新12か条
1条タバコは吸わない
2条他人のタバコの煙をできるだけ避ける
3条お酒はほどほどに
4条バランスのとれた食生活を
5条塩辛い食品は控えめに
6条野菜や果物は豊富に
7条適度に運動
8条適切な体重維持
9条ウィルスや細菌の感染予防と治療
10条定期的ながん検診を
11条身体の異常に気付いたら、すぐに受診を
12条正しいがん情報でがんを知ることから
各がん検診の対象年齢と実施間隔
胃がん40歳以上は年に1回の検診を
大腸がん
肺がん
子宮頸がん20歳以上は2年に1回の検診を
乳がん40歳以上は年に1回の検診を

関連ページ