糖尿病について

Tag: 糖尿病

高血糖になるしくみ

糖尿病とは、血液中の糖をうまく処理できず、慢性的に血糖値の高い状態が続く病気です。

こういった状態になる理由は、膵臓から出るインスリンというホルモンが分泌されなくなったり、効きにくくなることで、血液中の糖を体の細胞に上手く取り込めなくなり、血液の中に糖がいっぱいになってしまうからです。

糖尿病には2つの種類があり、膵臓の細胞が壊れることで、インスリンの分泌が急激に低下する1型糖尿病と遺伝因子に過食・運動不足・ストレス・加齢などが加わり発症する2型糖尿病に分けられ、日本では糖尿病の大半は2型糖尿病が占めています。



2型糖尿病は無症状のまま進行

2型糖尿病は、1型糖尿病と異なりゆっくりと進行します。

また、発症しても長期間自覚症状がなく気づかれなかったり、早期に診断されても自覚症状がないため受診・治療を中断してしまう方も少なくありません。

しかしこの間にも合併症は確実に進行しているのです。
血糖値が高い状態が続くと、血管は傷つき、ボロボロになってしまいます。

特に細い血管ほど高血糖による影響を受けやすいため、眼・腎臓・神経に合併症が現れやすいと考えられています。

また、糖尿病の方は、そうでない人に比べ動脈硬化を起こしやすいと言われており、肥満や高血圧脂質異常症、喫煙習慣などを併せ持っていると、さらに動脈硬化が発症・進行しやすくなります。

何らかの自覚症状(多尿、口渇、多飲、体重減少など)が出現してようやく受診したときには、すでに合併症が進行していることがあります。

従って、早期発見、早期治療が最も重要です。



糖尿病の確認方法

糖尿病を甘く見てはいけないことはできたと思います。
では、どうすればいいのか?
それは、ご自身に糖尿病の疑いがあるかどうかを確認できる特定健診です。

検診の血液検査の項目には、血糖値の他に、ヘモグロビンA1c(HbA1c)という数値の測定があります。

血糖値は、採血当日の血液中に含まれる糖の量を測定するもので、直近の食生活が影響を与えます。

しかし、ヘモグロビンA1cは、過去1~2か月間の平均血糖値を反映するため、慢性的な高血糖の状態を確認することができます。
これらの数値から、現在および将来的な糖尿病発症の危険を確認できるのです。

糖尿病は決して他人事ではありません。
皆さんの健やかな毎日のために、ぜひ特定健診を受診しましょう。

関連ページ