N-アセチルグルコサミン

N-アセチルグルコサミンは、天然アミノ糖の一種で、カニなどの甲殻類の外壁や、イカ、貝類、昆虫の外皮、細菌細胞膜やキノコなど広く自然界に分布し、単体では牛乳中に存在しています。

かに

工業的にはカニから作られるキチン,キトサンを加水分解して作られます。

N-アセチルグルコサミンは体内でヒアルロン酸を作る成分です。
N-アセチルグルコサミンを飲むことで水分バランスを保つヒアルロン酸の量が増え,肌の水分バランスを正常にすると考えられています。

また,グルコサミンと同様に変形性関節炎症にも効果があります。

1日1gで効果があがることが知られています。



N-アセチルグルコサミンを多く含む食品

  • カニなどの甲殻類の殻、いか、貝類、きのこ

N-アセチルグルコサミンのすぐれた働き、効果

  1. 美肌効果(肌の水分量を正常にします。)
  2. 変形性関節炎症の改善(膝などの関節が擦り減って起こる変形性関節炎症を改善する効果があります。)


N-アセチルグルコサミンの関連ページ