鶏肉

鶏肉は、ビタミンA、ビタミンB6、タンパク質、ナイアシンなどを含み、疲労回復や胃弱の改善、がん予防などに効きます。

とくにささ身はタンパク質が豊富で脂肪が少なく、低カロリー・高蛋白質の代表と言っていいでしょう。
胃腸の弱い人やダイエット中の人にお勧めです。

また、粘膜を強くしたり、がん予防に効果的なビタミンAを牛肉豚肉の数倍も含んでいます。

免疫機能の向上や美肌効果のあるコラーゲンも多いので、煮物やスープにして食べると良いでしょう。

ただし、ブロイラー肉は思いのほか皮下脂肪が多いので、鶏肉は低カロリーだからと食べ過ぎるのは禁物です。



鶏肉のすぐれた働き、効果

  • 胃腸回復、疲労回復、美肌効果

鶏肉の主な栄養素(鶏肉100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンA(レチノール)39μg
ビタミンB60.18mg
タンパク質16.2g
ナイアシン5.0mg
  • ※含有量データは若鶏・もも肉の場合


鶏肉の関連ページ