高尿酸血症防止食事対策

食べ過ぎ・飲み過ぎ・プリン体のとり過ぎに注意することが大切です。


プリン体の多い食品を控える

適正エネルギー(カロリー)を守って食べ過ぎ無いことが一番大切です。
その上でプリン体を含む食品を摂りすぎないように注意しましょう。

食品から取り入れるプリン体の許容量は1日400mg以下を目標にしてください。

食品100gあたりのプリン体含有量(総プリン体表示)

極めて多い
(300mg以上)
レバー、マイワシ干物、イサキ白子、アンコウ肝酒蒸し、鰹節、
煮干、干し椎茸
多い
(200~300mg)
レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正海老、マアジ干物、
サンマ干物
少ない
(50~100mg)
鰻、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛肩バラ、牛タン、
マトン、ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、つみれ、
ほうれん草、カリフラワー
極めて少ない
(~50mg)
コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼き竹輪、さつま揚げ、
数の子、すじこ、ウインナーソーセージ、豆腐、牛乳、チーズ
バター、鶏卵、とうもろこし、じゃがいもさつまいも、ご飯、
パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、人参、大根、
白菜、ひじきわかめ、昆布


水分補給を十分に

甘い嗜好飲料やビールではなく、水、お茶、ブラックコーヒーなどで水分を十分に摂り、尿酸を尿と一緒に排泄させます。

飲酒は控えめに

尿酸の排泄を妨げるアルコールは日本酒なら1合、ビールなら中瓶1本までを目安にしましょう。

プリン体の多いレバー、魚卵などのつまみは避けます。
週3日以上の休肝日をとりましょう。


高尿酸血症予防の食事ポイント

主食ごはん・パン・めんなどを太らないよう適量とる。
主菜プリン体の多い食品は避ける。
副菜野菜、きのこ、海藻を十分にとる。
もう一品アルコール(特にビール)は控える。水分を十分にとる(1日2リットル)

 

高尿酸血症防止食事対策の関連ページ