血液ドロドロは生活習慣病を招く

血液は体の隅々の細胞に新鮮な酸素と水、栄養分を送る大切な役割があります。
健康な状態では狭い毛細血管の中も柔らかい赤血球が形を変え、サラサラ流れていきます。

ところが、水分が不足したり、コレステロールや糖が増えると、血液が流れにくくなってしまいます。

これがドロドロ血液で、血管を無理に通すため、心臓に大きな負担がかかり、血圧が上がるなど、様々な症状が起きます。
また、血管にも負担がかかるため、動脈硬化の原因となることもあります。

高血圧動脈硬化でもろくなった血管が傷つくと、血液を止めるために血小板が集まってきて、血液のかたまり(血栓)ができてしまいます。

もし、血栓が狭い血管に詰まると、その先の細胞はたちまち壊死してしまいます。
これが脳で起きると脳梗塞、心臓であれば心筋梗塞という恐ろしい事態になります。

このように血液ドロドロ症状は、高血圧動脈硬化と互いに関連し合いながら、様々な生活習慣病を引き起こします。
見逃しがちな血液の健康を保つには、適度にサラサラした状態を保つことが重要です。

ドロドロ血液を防ぐ栄養成分

血液中に中性脂肪やコレステロールが溜まったり、血糖値が上がったりすると、脳梗塞脳卒中心筋梗塞など命に関わる危険な病気を引き起こします。

血液のドロドロ状態を改善し、サラサラ血にして長生きするためには、まず食事を見直すことが重要です。

血液の流れをサラサラにする食品成分として、カテキン、イソフラボンなどのファイトケミカル・ポリフェノールビタミンCビタミンEβ-カロテンなどのビタミン類やDHA、EPAという脂肪酸などが知られています。

これらの栄養成分を積極的に取り入れることで、ドロドロ血液が原因で起こる脳梗塞脳卒中狭心症心筋梗塞のほか、老人性認知症(痴呆症)、リウマチ性疾患、糖尿病がん、を予防できるのです。

特にクロロフィルポリフェノール硫黄化合物は、最も効果的な栄養素です。
そして、玉ねぎ、大豆製品、青魚、ブルーベリーは、最も取りたい食品です。



ドロドロ血液に効く栄養素

血液をサラサラにするドロドロ血液改善に良い食品

玉ねぎ



ドロドロ血液を防ぐ栄養成分の関連ページ

サラサラ成分たっぷりあの健康食がサプリになった【納豆キムチ】通販