葉酸

葉酸は緑黄色野菜に多いビタミンで、正常な赤血球を作るのに必要とされています。

葉酸が不足すると、血液中の赤血球が新しい赤血球とうまく入れかわらず、悪性の貧血を起こすことになります。

この貧血は大人よりも子供に起こりやすく、大人の貧血はビタミンB12不足が原因のことが多いようです。

また、葉酸は遺伝情報物質ということで話題となっているDNAやRNAを構成している核酸を生成するにも必要だということがわかってきました。

葉酸は普通に緑黄色野菜を摂取していれば、とくに不足するというものではありません。

しかし、妊娠中の女性で、葉物類の摂りかたが不足すると、胎児に影響が及ぶことも考えられるので、気をつけましょう。



葉酸を多く含む食品

葉酸は、その名のとおりほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれ、主な給源となっています。

そのほかの食品では、酵母、レバー、卵黄、胚芽、牛乳などに多く含まれています。


葉酸のすぐれた働き、効果

  • 大赤血球性貧血の予防、出血傾向のある病気に対する抵抗力の増加、下痢の予防


葉酸の関連ページ