腹部の病気

おなかには、主に胃や大腸、小腸、十二指腸、肝臓などの消化器があります。

私たちが食べた物は、消化管と呼ばれる長い管を通りながら消化・吸収されていきます。

食べ物は体の中で分解され、腸から吸収された栄養素は、肝臓で化学処理されて体内で利用されやすいように作り変えられます。

これらは消化器と呼ばれる臓器の仕事で、消化器には、胃腸のほか、栄養の吸収を助ける働きをする膵臓、胆嚢、胆管、栄養素を加工する肝臓などがあります。



腹部の病気症状関連ページ