脂質異常症防止食事対策

摂取エネルギーの適量を守り、コレステロールと中性脂肪控えることが大切です。


食べ過ぎ・飲み過ぎ防止

摂取エネルギーを取り過ぎない

食べ過ぎはエネルギー過剰となり、過剰分は中性脂肪として蓄えられ、肥満をもたらします。

特に菓子類やアルコール飲料は控えるようにしてください。

飽和脂肪酸を摂り過ぎない

バターや肉類などに多い飽和脂肪酸の摂り過ぎに注意し、サラダ油や魚の脂質に多い不飽和脂肪酸の摂取割合を1/3は確保します。

コレステロールの多い食品を取り過ぎない

コレステロールの多い肉の内蔵(レバー)や魚の卵類は控えめにし、食品からのコレステロール摂取は、男性は1日750mg未満、女性は600mg未満にしましょう。

食物繊維はたっぷりとる

血中コレステロール値を下げる作用がある水溶性食物繊維の多い野菜や果物、豆、きのこ、海藻類を十分に摂ります。


脂質異常症予防の食事ポイント

主食主食を適量にするだけで減量できることも多い。
主菜飽和脂肪酸やコレステロールの多い食品を避け、卵は1週間に3~4個に。
副菜野菜、きのこ、海藻を十分に。トロトロ・ネバネバした水溶性の食物繊維は特に有効です。
もう一品嗜好飲料、果物は、中性脂肪になりやすいので控えめに。
  • 毎食、野菜100gの副菜をとるようにしましょう。
    コレステロールを減らすだけでなく、摂取エネルギーを抑える効果があります。

 

脂質異常症防止食事対策の関連ページ