肺結核

肺結核は、結核菌が肺に感染して発症する病気です。

昔は年間死亡者数15万人を超え、戦前から戦後にかけて日本人の死因第1位だった病気が結核です。

その後医学の発達や栄養状態の改善によって忘れ去られつつある存在でしたが、近年再び猛威を振るいつつあるといいます。
平成11年には、当時の厚生省が「結核緊急事態宣言」を出しています。

現在も結核が減らない理由の一つは、昔結核菌に感染した高齢者が数十年を経て発病するケースです。
通常、結核に感染しても発病する人は多くありません。
それは、免疫力によって結核菌を封じ込めているからですが、結核菌は死滅したわけではなく肺の古い病巣で生き続けています。

そして、加齢や人工透析、抗がん剤治療などで免疫力が落ちてくると、再び封じ込められていた結核菌が活動を始めるのです。
結核菌はそれだけしぶとい菌だといえます。

もう一つの理由は、ここ数十年結核の流行が起きていないため結核菌に免疫力のない若者が増えている点です。

結核はほとんど空気感染で、咳やくしゃみによる飛沫に含まれる結核菌を吸い込むことによって感染します。
密閉した環境での集団感染も原因の一つといわれます。



肺結核の症状・治療

肺結核の症状は、初期は自覚症状があまりなく、咳や痰、発熱、寝汗、倦怠感などがあります。

結核の治療は服薬が中心で、3~4種類の薬を同時に数ヵ月間服用することが原則です。

重要なのは全部の薬を確実に飲むことです。
もし怠ると結核菌が耐性になり、薬が効かなくなってしまう可能性があります。
一度効かなくなってしまうと、元には戻りません。

結核の種類

結核の90%以上は肺結核ですが、肺以外にも発症するケースが少なくくありません。
結核菌は、気道や消化管、リンパ流、血液を介して運ばれ、全身どこにでも病変を作る可能性があります。

  • 主な結核の種類
    結核性髄膜炎、全身栗粒結核、咽頭結核、頸部リンパ節結核、肺門リンパ節結核、肺結核、結核性胸腺炎、皮膚結核、腎・尿路・性器結核、骨・関節結核(カリエス)、背椎カリエス冷膿瘍、腸結核


肺結核の関連ページ