肺炎

肺炎は、ウイルスや細菌などの感染によって、肺に炎症が起きる病気です。

肺炎は、がん、心臓病、脳卒中に次ぐ日本人の死亡原因の第4位で、高齢になるに従って怖さを増す病気です。
肺炎は、現在でもジワジワ増え続けています。

医学が進歩している昨今、減らないのは少し意外な気もしますが、そのもっとも大きな理由は、高齢者が増えていることが考えられます。

肺炎の死亡者の95%は65歳以上の高齢者で、加齢が肺炎の発症に密接に関係していると言えます。



肺炎の原因・症状・治療

肺炎の原因となる細菌やウイルスは、呼吸をするときに鼻や口から体の中に侵入します。
健康な人では、のどでこれらの病原菌を排除するのですが、風邪などでのどに炎症が起こっていると、病原菌がそのまま肺に入ってしまい炎症を起こします。

近年は、細菌の繁殖した食物や唾液が器官に入ることによって起こる誤嚥性肺炎が注目されています。

しかし、若くて元気な人は、免疫力が細菌の感染力を上回るので発症しません。
高齢で体力が落ちている人が肺炎を起こしやすいのは、免疫力の低下が理由の一つです。

誤嚥性肺炎の予防には、口の中を清潔に保ち、誤嚥を防ぐ訓練をすることが大切です。

肺炎になるとせき、発熱、悪寒、のどの痛み、胸痛、痰、呼吸困難などの症状が続きます。
高齢者の場合、症状はそれほどではないものの急激に悪化して死に至ることもあります。

肺炎の治療は、安静と保温、水分の補給が重要です。
その上で解熱剤、鎮痛剤、痰の排出を促す薬、咳止めなどの対処療法、肺炎の原因のウイルスや細菌などを取り除く原因療法が行われます。



肺炎の関連ページ