肝機能障害防止食事対策

ウイルス感染を予防し、食べ過ぎ、飲みすぎの食生活習慣を改善することが大切です。


肝臓に負担がかからない食事

毎日良質なタンパク質を適量摂る

タンパク質は幹細胞の再生のために重要な栄養素です。

必須アミノ酸をバランスよく含む魚介、肉、卵、乳製品をメインに、大豆製品など植物性タンパク源もバランスよく摂るようにしょう。

ビタミンを十分に摂る

タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素の代謝が活発に行われるのが肝臓です。

代謝にはビタミンのサポートが大切です。

また、ビタミンの代謝も肝臓で行われます。

アルコールはほどほどに

アルコールの摂り過ぎは肝臓にダメージを与えます。

1日の許容量は純アルコール量で1単位22g程度(日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本、焼酎なら0.6合)です。

肝機能低下の症状がでたら禁酒が原則です。

規則正しい食習慣

1日3回の食事をできるだけ規則正しく、できるだけ均等の量に分けて食べるようにすると、肝臓に負担がかからず良いでしょう。

夜遅い飲食や朝食抜き、ドカ食いなど、日周リズムを乱す食生活は、肝臓に大きな負担をかけます。



肝機能障害予防食事のポイント

主食3食きちんと食べる
主菜魚、肉、大豆製品、卵など質の良いタンパク質をとる。
副菜ビタミン・ミネラル、食物繊維の多い野菜を十分にとる。
もう一品ごはんのかわりにアルコールは厳禁。
  • タンパク質と豊富な食物繊維の食事を心がけましょう。
    エネルギー(カロリー)や食塩の取り過ぎに注意しましょう。

アルコール飲酒量の計算方法

お酒によってアルコール度数が異なります。

実際に飲んだアルコール量を知るには、

飲んだ量×アルコール度数(%)×比重(0.8)

の式で計算できます。

アルコール度数5%のビールを大瓶1本(633ml)飲んだとすると25gとなります。

純アルコール22gを1単位と考えると、日本酒なら1合、焼酎なら0.6合、ワインなら1/4本となります。

アルコールを肝臓で処理する能力には個人差がありますが、体重60~70kgの人で、1時間に7~9gとされています。

つまり、1単位(純アルコール22g)が代謝されて消失するためには、約3時間もかかるということです。

純アルコール22gを1単位と考えると、日本酒なら1合、焼酎なら0.6合、ワインなら1/4本となります。

アルコールを肝臓で処理する能力には個人差がありますが、体重60~70kgの人で、1時間に7~9gとされています。

つまり、1単位(純アルコール22g)が代謝されて消失するためには、約3時間もかかるということです。


 

肝機能障害防止食事対策の関連ページ