肝機能を改善する栄養成分

肝臓は人体を守る最大の臓器であり、生命体にとって、最も重要な役割を果たしています。

その働きは、酵素やタンパク質、血液を凝固させる物質をつくる、解毒作用、ビタミンを貯蔵する、胆汁をつくるなどです。

摂取された栄養素は、小腸から血液中に溶け込んで肝臓に運び込まれます。
肝臓は、その中に含まれた毒素などを解毒して無害なものに変えてくれますが、アルコールの飲みすぎや偏食生活などを続けていると、肝機能は確実に低下してしまいます。

物言わぬ臓器といわれる肝臓は、多少の異変が生じても自覚症状が出にくいため、気づいたときにはかなり症状が悪化しています。

肝機能障害になると糖分や脂質、タンパク質をエネルギー源として蓄えることができず、脂肪の分解や栄養素の吸収を助ける胆汁が合成されにくくなります。

肝臓病を未然に防ぐためには、普段の食生活改善から始めることが大切です。



肝機能改善に効く栄養素

肝機能改善に良い食品



肝機能を改善する栄養成分の関連ページ