糖尿病防止食事対策

血糖値をコントロールするための食事は健康食の基本です。


糖尿病予防食

適量でバランスのとれた食事を1日3回規則正しく

摂取エネルギー(摂取カロリー)が守れても、一度にたくさん食べていたり栄養素のバランスが悪ければ好ましくありません。

適量自分に合った1日の摂取エネルギーを守る
バランス合併症を防ぐには、各種の栄養素を過不足なく
リズム3食のエネルギーを均等にし、毎回同じ時間にとる


食品交換表を使ってエネルギーコントロールを上手に進めましょう。

適量でバランスの取れた血糖コントロール食が、簡単にできるように考えられたのが食品交換表です。



食品の分類と1日1600kcal(20単位)の場合の単位の振り分け例

表1表2表3表4表5表6調味料
食品穀物、芋、炭水化物の多い野菜と種実、大豆以外の豆果物魚介、肉、卵、チーズ、大豆と大豆製品牛乳とチーズ以外の乳製品油脂多脂性食品野菜、海藻、きのこ、こんにゃくみそ、砂糖、みりんなど
特徴主に炭水化物源主に炭水化物源主にタンパク質源主にタンパク質源主に脂質源主にビタミン、ミネラル源
1日合計11141.5110.5
朝食3111.510.30.5
昼食410.3
夕食420.4
  • 1単位は80kcal


糖尿病予防食事のポイント

主食ご飯なら茶わん軽く1杯、標準体重が守れる量に。
主菜脂肪の多い魚や肉は避け、油を多く使う揚げ物・炒め物はやめる。
副菜食物繊維の多い野菜、海藻、きのこ類をたっぷりと。
もう一品アルコールや砂糖入りの飲み物、菓子類は避ける。
  • 水溶性食物繊維には、食後の急激な血糖値の上昇を抑制する効果があります。

低インスリンダイエット

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが膵臓から分泌されます。

インスリンには脂肪がエネルギー源として利用されるのを抑制し、体内への蓄積を促す作用があります。

このためインスリン分泌を抑える食事法、つまり血糖値を上昇させにくい食品(GI値の低い食品)を摂る食事法はダイエットにも有効とされています(低インスリンダイエット)。

しかし、血糖上昇反応は個人差が大きいことなどから科学的にはまだ十分明らかになっていないといって良いでしょう。


 

糖尿病防止食事対策の関連ページ