糖尿病を防ぐ栄養成分

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの動きが弱まったり、不足することで血糖値が上がる状態に病気です。

自覚症状がないことが多く、症状が出たときにはかなり進行している場合もあります。

しかし、早期発見と早期治療を心がければ、3大合併症(神経障害、網膜症、腎症)や動脈硬化を防ぐことができますので、日ごろの生活習慣を見直すことが最も重要です。

糖尿病は、遺伝的要素に加え、過食、高脂肪・高カロリー食、運動不足、ストレス、アルコールの取り過ぎ、喫煙などの悪い生活習慣によって誘発されます。

まずは、これらのリスク因子を取り除くことが糖尿病予防の第1歩となります。

そして、糖尿病と診断されたら、食事療法、運動療法、薬物療法を中心とした治療を行いますが、普段から糖尿病予防効果のある食品・栄養素を十分に摂ることが大切です。



糖尿病に効く栄養素

糖尿病に良い食品



糖尿病を防ぐ栄養成分の関連ページ