硫黄化合物の賢い摂取方法

たまねぎ

イオウ化合物が多く含まれている食品は、玉ねぎとにんにく、長ねぎ、にらなどです。

玉ねぎの辛味成分硫化プロピルは、水に長時間さらしたり加熱すると、効果が弱まるので、生で食べるのが一番効果的です。

にんにくのアリシンも長時間加熱はタブーです。炒めるときは手早くするのがコツです。

にんにくの皮をむき、数片に分け、醤油や焼酎につけて常備し、毎日1片ずつ食べると良いでしょう。




硫黄化合物を賢く取るレシピ

にんにく

【材料】

【作り方】

  1. にんにくは皮をむいて、1片ずつに分ける。
  2. にんにくをラップに包んで電子レンジで1分間加熱し、みそをつけて食べる。


にんにくの天ぷら

  • にんにくの皮をむいて、1片ずつに分け、天ぷらの衣をつけて揚げるだけ。




硫黄化合物摂取方法の関連ページ