目の疲れ防止食事対策

十分な睡眠と目のビタミンといわれるビタミンAなどの栄養補給が大切です。


目の健康を保つ栄養素

目の健康を維持するためには、ビタミンAをはじめ、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンCを十分に摂取することが重要です。

また、ポリフェノールの一種アントシアニンの効果も注目されています。

ビタミンA

  • 働き
    ・角膜細胞を作り替える。
    ・角膜の表面を保護する粘液の成分となる
    ・網膜で光を感じる細胞(ロドプシン)の材料となる
  • 不足すると
    ・夜盲症、視力低下、ドライアイになるリスクが高まる。

ビタミンB1・B2

  • 働き
    ・視神経や筋肉の疲労を解消し、視力低下を防ぐ効果を発揮します。

ビタミンC

  • 働き
    ・水晶体の透明度を保って、充血を防ぎ、目をリフレッシュさせます。

アントシアニン

  • 働き
    ・ブルーベリーに多く含まれているポリフェノールの一種で、ロドプシンの再合成を活性化させたり、網膜に栄養を運ぶ毛細血管の血行をよくする働きがあります。

 

目の疲れ防止食事対策の関連ページ