疲労防止食事対策

疲労タイプに合った栄養補給が大切です。


疲労の予防と回復に欠かせない栄養素をしっかり補給

ビタミンB群などは、疲労の予防や回復に特に欠かせない栄養素です。

バランスのとれた食事を毎日きちんと摂ることで疲労度を大幅に軽減できます。

ビタミンB1糖質からエネルギーがつくられるときに必要な栄養素です。
ビタミンB2タンパク質や脂質、糖質の代謝に関与します。不足すると、エネルギーをうまく供給することができず、乳酸などの疲労原因物質が蓄積されやすくなります。
カルシウム筋肉を円滑に動かす働きや、精神的疲労・イライラを鎮める働きがあります。
全身に酸素を運搬する働きを持っているので、不足すると運動能力が低下して疲れやすくなります。


疲労のタイプにあった食事

精神的な疲労に焼肉やうな丼などのスタミナ食では効果はありません。
かえって肥満の原因になるなど逆効果をもたらすことになります。

疲労の種類はよく確認し、対策しましょう。

筋肉疲労(肉体疲労)には乳酸撃退

肉体労働やスポーツなどで消費されたエネルギー源を補給し、糖質のエネルギー代謝に必要なビタミンB1やB1の利用率を高めるアリシンを補います。

入浴やマッサージなどで血行を促進し、疲労物質の乳酸を減らします。

慢性疲労(精神的疲労)には免疫力アップ、抗酸化作用の強化

過労は体内に活性酸素を増加させたり、免疫力を低下させたりします。

β-カロテンビタミンCビタミンEポリフェノールなどの抗酸化成分を多く含む野菜、果物、きのこなどの植物性食品をしっかり摂るようにします。

夏バテには食欲増進

香辛料や柑橘類など刺激のある食材を利用して食欲増進をはかります。

オクラや長芋、モロヘイヤなどのネバネバ成分「ムチン」は、消化吸収を助ける働きがあります。

水分のガブ飲みは胃液を薄めるので注意が必要です。


 

疲労防止食事対策の関連ページ

にんにく&カプサイシン