狭心症

狭心症は、心臓の冠動脈の血流が一時的に不足して、胸に不快感や痛みを感じる病気です。

胸痛の発作は数分でおさまり、何もなかったように元の状態に戻ります。

狭心症は、心筋梗塞と同じ虚血性心疾患で、動脈硬化が原因となるケースが多くみられます。

ちなみに虚血とは、体の組織に供給される血液が不足する状態を言います。

心筋梗塞狭心症の違いは、心筋梗塞は冠動脈の血流が停止して心筋が壊死するのに対して、狭心症は冠動脈が狭くなって一時的に血流が減少するところです。

従って、心筋梗塞は胸痛が数時間も続くことがあるのに対して、狭心症の胸痛は数分でおさまり元の状態に戻ります。

狭心症は心筋の壊死を伴わないため、痛みの強さは心筋梗塞ほどではありません。
締め付けられるような胸の痛みと不快感があるのが特徴です。

狭心症は大きく2つに大別することができます。
その1つの労作狭心症は、動脈硬化によって冠動脈が狭くなって起きるものです。

心臓の負担が少ない安静時には心筋に対する血流量が保たれていても、急に運動をしたり、興奮したり、入浴をしたりすると心臓は大量の酸素や栄養が必要になります。

しかし動脈硬化を起こした血管は、これに対応できるだけの冠動脈の血流量を確保できません。
結果的に、虚血状態を招き発症に至ってしまいます。

これに対して安静狭心症は、運動や興奮、入浴とは関係なく安静時に発症します。
詳しい原因は不明ですが、冠動脈がけいれんを起こし、一時的に細くなって血流が不足する状態に陥るものです。



狭心症の治療

狭心症の治療は、心筋の酸素需要の増加を抑えたり、狭くなった冠動脈を拡張したりする薬剤療法のほか、心筋梗塞と同じようにカテーテルを利用した冠動脈形成術やバイパス血管を移植する冠動脈バイパス手術などがあります。

狭心症心筋梗塞の比較、見分け方

状態狭心症心筋梗塞
嘔吐・冷や汗なしあり
痛みどんな時に起こりやすいのか階段を上るときなど何かをしているとき安静時・動作時に関係なく起こる
明け方トイレに起きた時
アルコールを飲んだ時の早朝
発作の感じ・痛さ締め付けられている感じ締め付けられている感じ
重い痛みとても激しい痛み
持続時間5~15分程度30分以上
安静にすると治る治らない
ニトログリセリン剤の効果効果あり(1分から数分後)あまり効果がない
顔色蒼白にはならない蒼白になる
血圧上昇する降下する


狭心症の関連ページ