牡蠣 (かき)

牡蠣は、ビタミンB1ビタミンB2、と鉄、カルシウム、などのミネラル類を含み、動脈硬化・肝臓病の予防、貧血・眼精疲労などの改善に役立ちます。

別名「海のミルク」と呼ばれるほど、栄養価が高いのが特徴です。
なかでもグリコーゲンとタウリンが注目です。

グリコーゲンは、効率よくエネルギーに変わるとともに肝臓の機能を活性化させる作用のある糖質です。

タウリンは、コレステロールを減少させたり、血圧上昇を抑制する働きがあるアミノ酸です。

また、牡蠣は細胞の新生に欠かせないミネラル・亜鉛の含有量が、全食品中トップクラスです。
牡蠣2個で1日の必要量を満たすことができます。



牡蠣のすぐれた働き、効果

牡蠣の主な栄養素(牡蠣100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンB10.04mg
ビタミンB20.14mg
1.9mg
リン100mg
亜鉛13.2mg
  • ※含有量データは生の場合


牡蠣の関連ページ (通販情報)