牛肉

牛肉は、ビタミンB1ビタミンB12、タンパク質、鉄などを含み、貧血、冷え性虚弱体質の改善に効きます。

牛肉のタンパク質は、必須アミノ酸をバランスよく含んでいるのが特徴です。

また、鉄の含有量が豚肉よりも多いため、貧血気味の人にお勧めな食材です。

ただし、脂質、コレステロールが多いので、食べ過ぎには注意が必要です。(牛肉のなかではもも肉が脂質、コレステロールを抑えることができます)

牛肉には必須アミノ酸の中のトリプトファンが不足しているので、ほうれん草、にら、卵、乳製品と一緒に食べると効果的です。



牛肉のすぐれた働き、効果

  • 体力増強、貧血予防、冷え症、健康寿命をのばす

牛肉の主な栄養素(牛肉100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンB10.09mg
ビタミンB20.22mg
タンパク質20.7g
2.7mg
  • ※含有量データは和牛・もも・赤肉の場合


牛肉の関連ページ