牛乳

牛乳は、ビタミンB2カルシウム、タンパク質などを含み、骨粗鬆症動脈硬化、老化やがんの予防、イライラの解消などに役立ちます。

とくに骨を丈夫にしたり、イライラを鎮める働きのあるカルシウムが豊富に含まれています。

しかも、牛乳のカルシウムは40~70%も吸収されるのが特徴です。
この吸収力は小魚の2倍以上になります。

また、牛乳のタンパク質には免疫機能を高める抗がん作用もあるといわれています。

この効果を期待するなら、加熱せず、食前に200mlずつ1日3回(600ml)を毎日飲むのがお勧めです。
脂肪が気になるなら、低脂肪乳を選ぶと良いでしょう。



牛乳のすぐれた働き、効果

牛乳の主な栄養素(牛乳100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンB20.15mg
カルシウム110mg
タンパク質3.3g
リン93mg
脂質3.8g
  • ※含有量データは普通牛乳の場合


牛乳の関連ページ