気管支炎

気管支炎は、気管支に炎症が起きる病気で、急性気管支炎と慢性気管支炎があります。

風邪やインフルエンザのとき、気管支炎と診断されることがあります。
風邪は、細菌やウイルスによる喉頭より上の部分炎症ですが、炎症がその下の気管で起きるのが気管支炎です。

この病気にかかると、のどの痛みや咳、痰、頭痛、発熱、鼻水、筋肉の痛みなどの症状が現われます。
風邪やインフルエンザなどの合併症として現われますから、これらの病気が治ると気管支炎も治ります。

気管支に急性の炎症が現われることから、急性気管支炎と呼ばれています。



気管支炎の原因・治療

急性気管支炎の原因には、風邪やインフルエンザのほかに刺激性のガスや粉じん、空気中の異物の刺激等が考えられます。

これに対して、炎症が数カ月から数年に及ぶのが慢性気管支炎です。
慢性持続性の咳や痰が2年以上、少なくても1年のうち3ヵ月以上続くという定義にあるように、粘っこい痰が特徴で、痰が絡む頑固な咳が続きます。

普段の呼吸がゼイゼイ、ヒューヒューと聞こえ、息切れもするようになります。
炎症の期間が長くなると、粘液腺が肥大、増加して粘液量が増えたため気道が狭くなって呼吸困難になることもあります。

慢性気管支炎の詳細な原因は不明ですが、タバコや加齢、外分泌機能低下、アレルギーなどが関係していると考えられています。

慢性気管支炎の治療は、咳を切りやすくする去痰剤や気管支拡張剤などの対処療法が中心となり、根治は難しいと言われています。

禁煙や部屋の清掃、喚起、空気の汚れた場所は避けるなど生活習慣の改善も重要です。



気管支炎の関連ページ