更年期障害防止食事対策

ホルモンバランスを整え、生活習慣病を防ぐ食事法が重要です。


不快な更年期症状を防ぐ4つの食事対策

乱れたホルモンバランスを調えて症状を緩和したり、生活習慣病や骨粗鬆症の発症を回避するために、更年期障害の食事対策は以下の4点が中心となります。

神経伝達系・免疫系を強化する

タンパク質や各種ミネラル・ビタミンを十分にとって、神経伝達機能や免疫監視機構を強化し、症状を和らげましょう。

生活習慣病を予防する

間食は控えて適量で、低塩・低脂肪の食事を心がけ、肥満や脂質異常症糖尿病などの生活習慣病発症の危険を回避しましょう。

エストロゲンの働きを高める

大豆・大豆製品に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンの働きをサポートしてくれるので、積極的に摂りましょう。

骨量を増やす

骨の材料であるカルシウムをしっかり補給して骨粗鬆症を予防しましょう。

ビタミンDカルシウムの吸収を助けてくれます。


 

更年期障害防止食事対策の関連ページ