更年期障害

女性ホルモン(エストロゲン)が減少する閉経前後の女性には心や体に不快症状が現れます。
バランスのとれた食事をとることが重要です。


更年期障害の症状

ホルモンの乱れで起こる心身のアンバランス

更年期障害とは、閉経期前後の女性に見られる自律神経失調症の一種です。

卵巣の機能低下により、エストロゲン欠乏、特にエストラジオールの欠乏に基づくホルモンバランスが乱れるため、顔のほてりやのぼせ、頭痛、肩こり、腰痛、動悸、冷え、発汗など様々な不定愁訴(何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態)が現れます。

イライラや精神的な不安を感じたり、躁うつ状態を繰り返したり、感情の起伏が激しくなるなど、精神的な症状がみられることもあります。

また、自律神経失調症や精神的な症状がなくても、骨量が減少する、太りやすくなる、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪の量が増えやすくなるなど生活習慣病のリスクが高まるといった弊害があります。



更年期障害の要因・原因

卵巣の機能低下とエストロゲンの減少

女性は閉経期前後になると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンが激減します。

更年期障害の原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵巣ホルモン)の減少です。

エストロゲンは、脳の視床下部から命令を受けた下垂体が分泌するホルモンの刺激を受けて分泌されますが、卵巣の機能が低下しているためにエストロゲンが命令通りに分泌されません。

そうなると、下垂体からホルモンが過剰に分泌され、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

エストロゲンには、骨量を維持したり、血中コレステロール値を下げる作用があります。
骨粗鬆症や生活習慣病のリスクが高まるのはこのためです。

更年期の女性はちょうど人生の転換期を迎えていることが多い時期です。
夫や自信の定年、子どもの就職や結婚、親の介護問題といった家庭環境の変化に悩まされる時期でもあります。

そのような心的要因も更年期障害に大きく影響しています。

男性の更年期障害

更年期障害は女性特有の症状だと思われがちですが、男性も40~50歳にかけて男性ホルモンであるテストステロンの量が減少します。

症状は性欲の減退やうつ状態、不眠などです。

男性ホルモンの生成に関与するビタミンEやナイアシン、バランスのよい食事で各種栄養素をしっかり補給すれば、緩和することが可能です。



更年期障害の関連ページ