急性胃炎

急性胃炎の症状

急性胃炎は、最も多い胃の病気で、胃の粘膜に急性の炎症が起きる病気です。

胃は、食物を胃液で吸収しやすい粥状にして十二指腸へ送り出す役割があります。
また胃液に含まれる胃酸の強い酸性で、食物に付着した細菌の殺菌も行っています。

しかし胃液が自分の胃を消化することはないのでしょうか。
健康な胃は、食物を消化しても、自分の胃を消化することはありません。
健康な胃の粘膜は粘液を分泌し、薄いベールで粘膜を被って胃そのものを守っています。

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こしている状態で、大きく急性胃炎と慢性胃炎に分けられます。

急性胃炎

急性胃炎になると、胃の粘膜に炎症が起き、局部が赤く充血する「発赤」や「浮腫」、「びらん」などが起こります。
びらんは、粘膜の表面が少しえぐれ、ただれた状態で、それが粘膜の下層や筋層まで達すると「潰瘍」と呼ばれます。

急性胃炎の症状は、突然の腹痛、吐き気、胸焼け、不快感、ひどい時は吐血や下血が起きます。



急性胃炎の原因

胃はとてもデリケートな器官で、胃の粘膜に刺激を受けたりして胃液の分泌量が増えると、胃の粘膜が傷ついてしまいます。
この原因は、暴飲暴食やアルコールの飲み過ぎなどが考えられます。
 
特に激辛の食品やタバコ、空腹時に飲む濃いコーヒー、冷たいアイスクリームやかき氷は、胃の粘膜に刺激を与え、またアルコールは胃液の分泌を促すので注意が必要です。

その他の原因としては、精神的ストレス、抗生物質などの薬、風邪などのウイルス、ピロリ菌などがあります。

また、サバやカニ、卵などによるアレルギーが原因となって急性胃炎が起こることもあります。

急性胃炎の治療

治療はまず、急性胃炎を引き起こす原因を遠ざけることです。

胃の内視鏡検査で病気が確定したら、胃の粘液分泌を促進したり、胃酸の分泌を抑制したりする薬を使った薬物療法が行われます。



急性胃炎の関連ページ