心臓弁膜症

心臓弁膜症は、心臓の弁の開閉運動が支障をきたし、心臓のポンプとしての能力が低下する病気です。

心臓は、左心房、左心室、右心房、右心室という4つの部屋に分かれており、それぞれの部屋の出口には弁があって血液の逆流を防いでいます。

左心房の出口にあるのが僧帽弁、左心室の出口には大動脈弁、右心房の出口は三尖弁、そして右心室には肺動脈弁があります。
心臓はよくポンプにたとえられますが、これらの弁はバルブの役目を果たすことによって効率よくポンプが働くようにサポートしています。

これらの弁が故障して、心臓が効率よくポンプの機能を果たせなくなった状態が心臓弁膜症です。

心臓弁膜症の種類

弁膜症には、弁狭窄症閉鎖不全症があります。
弁狭窄症は、弁が硬くなって十分に開かないため血液をうまく送り出せなくなる症状です。

閉鎖不全症は、弁がゆるんで閉じ方が不十分なために血液が逆流してしまう状態です。
またその両方が合併する狭窄閉鎖不全症という病気もあります。



心臓弁膜症の原因・症状

心臓弁膜症は、軽症のうちはほとんど自覚症状がありません。
しかし、病気が進むと、動悸、息切れ、疲労感、呼吸困難、下肢のむくみなどの症状が現われます。

心臓弁膜症の原因は、先天的な理由のほか、リウマチ熱の後遺症として起こる起きるケースが多いのですが、近年はリウマチ熱に代わり、動脈硬化や弁の変性が原因の弁膜症が増えてきました。

心臓弁膜症の治療

心臓弁膜症の治療は、強心剤や血管拡張剤、利尿剤などの薬を使用して症状を緩和したり、進行を抑えたりします。

薬でよくならないときは弁の変化の程度を見ながら、弁の悪い部分を修復する弁形成手術や弁を人工弁に取り替える弁置換術が検討されます。



心臓弁膜症の関連ページ