心筋梗塞

心筋梗塞は、心臓の冠動脈の血流が途絶え、そこから先の心筋が壊死する病気です。

心臓は1日に約7千リットルもの大量の血液を送り出し、私たちが眠っているときも絶え間なく働いています。

その収縮活動にエネルギーや酸素を供給するのは、心臓の周囲を取り巻く2本の冠動脈です。
冠動脈は、少しずつ枝わかれしながら心臓全体に血液を送り届けていますが、冠動脈の血流が途絶え、そこから先の心筋が壊死するのが心筋梗塞です。

血流が途絶える原因のほとんどは動脈硬化で、それは動脈の壁の内側が厚くなって弾力を失い、硬くもろくなってしまった状態です。

動脈硬化は、血管を狭くしたり、血管を詰まらせたり、血管の壁にできた血のかたまりがはがれて流れだし、その先の細い血管をふさいでしまうこともあります。

こうなると心臓が握りつぶされるような激しい胸痛が突然起こり、30分から数時間も痛みが続きます。

壊死した心筋の範囲が広いと、心不全やショック、不整脈により急死することも珍しくありません。

高血圧脂質異常症、肥満、糖尿病、喫煙、遺伝などが関係すると考えられ、動脈硬化の進んだ高齢者に多い病気です。



心筋梗塞の処置治療

心筋梗塞で倒れた場合、CCUと呼ばれる心臓専門の設備を備えた病院に運び、いかに早く血流を回復させるかが重要となってきます。
とくに発作から6時間以内に治療に入れば生存率が高くなると言われています。

心筋梗塞の手術治療には、風船つきのカテーテルを冠動脈に挿入して狭くなった部分を広げ、冠動脈を広げた状態にする心臓カテーテル治療、冠動脈に自分の体の中から新しいバイパス血管を移植して血流を回復させる冠動脈バイパス手術などがあります。



心筋梗塞の関連ページ