大豆サポニン

大豆サポニンは、大豆を煮たときに出る泡の中に含まれている有効成分のことです。

体内に入った大豆サポニンは、動脈硬化を進行させる過酸化脂質を低下させたり、血中脂質を減少させます。

大豆サポニンの効果としては、脂質過剰を防ぐ、血栓を防ぐ、過酸化脂質を防ぐ、肝機能障害の改善、高血糖の改善、肥満防止などがあげられるほか、便秘解消による美肌効果も期待できます。

本来、便と一緒に体外に排出されるはずの有害物質などが長時間、体内に留まるとさまざまな疾病を引き起こす原因となります。
大豆サポニンは便通をよくし、腸をきれいにします。

大豆サポニンが含まれる主な食品は大豆、大豆製品などで動脈硬化、脳血管障害などにすぐれた効果があります。



大豆サポニンを多く含む食品

  • 大豆、納豆、みそ、豆腐、高野豆腐、おから、豆乳、油揚げ、湯葉


大豆サポニンのすぐれた働き、効果



大豆サポニンの関連ページ