唐辛子(とうがらし)

近年エスニック料理がおなじみとなり、昔に比べればはるかに多くの量を食べる機械が増えているのが唐辛子です。
とりわけ辛み成分のカプサイシンはすっかり有名になりました。

すなわち、カプサイシンはわずかな量でビタミンCの抗酸化力を高めて悪玉コレステロール減らすうえ、交感神経を緊張させて基礎代謝を上げ、余計な脂肪を燃焼させ、ダイエットにも効果を発揮します。

唐辛子というと刺激物の代表のようにとられますが、適量であればカプサイシンの働きで胃液の分泌が高まり、食欲不振の胃にはお勧めです。
殺菌作用もあるため、食中毒予防にも役立ちます。

唐辛子に豊富に含まれるビタミンAやCは魅力的で、ゴマや青ノリなど、ミネラルを補った七味唐辛子を上手に使えば、味と栄養の奥行きがグンと広がります。



唐辛子のすぐれた働き、効果

  • 食中毒予防、食欲増進、冷え性改善

唐辛子の主な栄養素



唐辛子の関連ページ(通販情報)