口内炎防止食事対策

ビタミンB群が不足すると口内炎になりやすくなるのでビタミンB群をしっかり摂ることが大切です。


口内炎を防ぐ栄養素を補給

ビタミンB2

細胞の再生やエネルギー代謝を促します。
口内炎ビタミンB2欠乏症の1つです。

ビタミンB6・ナイアシン

タンパク質や脂質の代謝にかかわり、皮膚や粘膜の健康を保ちます。

  • ビタミンB6を多く含む食品
    魚や肉、卵、牛乳、野菜、大豆など。
  • ナイアシン多く含む食品
    魚、肉、レバー、種実など。

ビタミンA・C

タンパク質や脂質の代謝にかかわり、細菌に対しての抵抗力をつけて、皮膚や粘膜の健康を保ちます。


口内炎の症状を悪化させない食べ方

口内炎の炎症部位に食べ物が触れたり、刺激の強いものが口にはいると、症状が長引いて治らないどころか、さらに悪化させてしまうこともあります。

口内炎の解消には十分な栄養補給が重要ですが、痛くて食べられないこともあります。

調理を工夫して、食べることが苦痛にならないようにしましょう。

口内炎を刺激するもの調理の工夫で食べやすく
濃い味付け薄い味付け
辛いもの柔らかく煮る
酸味の強いもの細かく刻む
硬いものとろみをつける
熱いもの人肌程度に
  • 口内炎を刺激するもの
    カレー、柑橘類、濃い味噌汁、塩鮭、かたい肉料理、根菜、酢の物、梅干しなど。
  • 食べやすいもの
    豆腐、卵焼き、バナナ、納豆、白身魚の刺し身、鶏肉の煮込み、肉団子煮、やわらかく煮た野菜料理、おかゆなど。

 

口内炎防止食事対策の関連ページ