動脈硬化防止食事対策

動脈硬化の進行を遅らせるには、危険因子が重ならないようにすることが大切です。


合併症状の改善

動脈硬化をもたらすリスクファクター(脂質異常症高血圧糖尿病、肥満、高尿酸血症、喫煙)を1つでも少なくすることがポイントです。

悪玉のLDLコレステロールが血液中に増えると、酸化LDLとなって血管壁にたまり、動脈硬化を起こします。

動脈の内側が狭くなって、そこに血小板が集まって血栓ができて、血液が流れにくくなります。

動脈硬化防止対策のポイント

食生活の改善食べ過ぎ、塩分や脂肪、コレステロールのとり過ぎは禁物。
青背魚は積極的にとる。
運動適度な運動で中性脂肪が減り、善玉のHDLが増える。
禁煙ニコチン、一酸化炭素、窒素化合物は血管を傷つけ、
中性脂肪やLDLを増やす。


動脈硬化予防食事のポイント

主食標準体重が守れる量に。
主菜飽和脂肪酸やコレステロールの多い食品、塩蔵品を減らす。
副菜ビタミンA・C・Eなど抗酸化作用のある成分を含む野菜をとる
もう一品果物、菓子、清涼飲料、アルコール飲料は控えめに。
  • イワシ、サバ、アジ、サンマなどの青背魚、納豆などには、血栓を防ぐ働きがあります。

 

動脈硬化防止食事対策の関連ページ