冷え症・冷え性改善対策

冷え症を治すには、日ごろから、自律神経の働きをよくして、血液循環や新陳代謝を活発にするような生活を心がけ、体質を改善する努力が大切です。
 
まず積極的に体を動かすこと。
これで全身の血行がよくなります。
食事は、たんぱく質、ビタミン、鉄などが豊富に含まれた、エネルギーの多い食品をとるようにします。

たんぱく質は体の保温に欠かせません。

ビタミン類では、特にB・C・Eをたくさんとるようにしましょう。
ビタミンEは血行をよくし、ビタミンBとCは末梢神経(まっしょうしんけい)の働きを強めます。

EとBは小麦胚芽、緑黄色野菜、豆類など、Cはピーマン、ブロッコリー、小松菜、カリフラワーなどに多く含まれています。またほうれん草、レバー、ごま、貝類などの鉄は造血を助けます。

冷え性は体質的なものがほとんどなので、運動と十分な栄養で新陳代謝を活発にすることが重要です。

  1. 毎日、規則正しく3食とる。
  2. 1食1食、栄養バランスに気をつける。
  3. 鉄とビタミン群を十分にとる。

>>冷え症防止食事対策へ



冷え症改善対策の関連ページ