冷え症(冷え性)

冷え症は体質的なものがほとんどで、冷え症そのものが死に至るということはまず考えられません。しかし神経痛や膀胱炎(ぼうこうえん)などを誘発しやすいほか、不妊症や流産の原因にもなりやすいのです。

自律神経のバランスの乱れ、血行不良などによって起こる冷え症には、栄養バランスのよい食事と体を温める食べ物をとることが大切です。


冷え症の症状

血行が悪くなって手・足の末端が冷たくなる

冷え症は血行不良によって、体の末端部分がほかの部分に比べて極端に冷たくなることを言います。

血行不良になると、血管の少ない手や足、腰の血液の量が少なくなって、手足が冷たい、腰が冷えるなどの症状が現れます。

食事対策のほか、入浴やマッサージ、適度な全身運動などで血のめぐりをよくするように心がけます。

冷え症は不快な症状ではありますが、西洋医学では病気として扱われていません。

しかし、ひどくなると、頭痛やめまい、便秘、関節の痛み、肩こり、肌あれ、寒くて眠れないなどの症状に悩まされることもあります。

たかが冷え症とあなどってはいけません。

>>冷え症防止食事対策へ



冷え症の要因・原因

自律神経と外的環境の影響

人間の体は、寒い時は血管を収縮させて体温が逃げるのを防ぎ、暑い時は血管を拡張させて体温を発散させます。

このような体温調節機能を司っているのが自律神経です。

ところが、自律神経の働きが何らかの原因で乱れると、必要以上に血管を縮めてしまい、血行が悪くなってしまいます。

更年期の女性や強いストレスのある場合は自律神経に支障をきたしやすいので、注意する必要があります。

冷え性は女性に多いといわれています。

男性に比べて血流の多い筋肉量が少なく体温調節機能が劣ること、鉄欠乏性貧血や低血圧が多いことなどが要因として挙げられます。

間違ったダイエットによる栄養の偏りも冷え症を招きます。

冷暖房の使用で外気と室内が極端な温度差となって場合、自律神経に変調が起き、冷え症を招きやすくします。

また、ボディラインを矯正するきつい下着も血行不良の原因になります。

貧血、動脈硬化、低血圧

自律神経失調症や神経機能の低下以外に、貧血、低血圧、動脈硬化などで冷え症が起こることがあります。

血液量の少ない(貧血)、血流が悪い(動脈硬化)、血液の流れる力が弱い(低血圧)などの理由で、末端の血管まで温かい血液が流れないために起こります。



冷え症の関連ページ