健康診断・各種検査

病院や診療所では、病気の診断をしたり、治療中の病気の経過観察をしたりする目的で、さまざまな検査が行われています。

病気の早期発見のために実施する健康診断や人間ドックなどでも、いくつかの検査を実施します。

これらの検査の結果は、医師が活用するとともに検査を受けた人にも伝えられますが、検査数値や検査画像などに異常がみられると伝えられ、あれこれと説明を受けても、一度にはよく理解できないこともあるのではないでしょうか。

検査結果に異常がみられない場合はまだしも、異常がある場合に、検査について正しく理解できなければ、自分の身体の異常について、医師に質問することすら難しくなります。
ただ、医師に身をゆだねて、治療を任せてしまう結果になってしまいます。

一方、自分が受けた各種検査の結果や、そこから導き出された結果(診断)について一定程度の知識や理解があれば、自分に起きている病気のおおまかな状態や行われる治療の必然性などを判断することができ、医師との意思疎通もスムーズに行えるようになるでしょう。

ここでは、医療施設で実施されているさまざまな検査のうち、特によく行われている健康診断・検査を中心に、検査の目的・内容・検査でわかること、数値の見方などを簡潔にまとめています。

>>病気・症状へ
>>栄養素・有効成分へ
>>食事・食品・食べ物へ


 

健康診断・各種検査の関連ページ

脳ドック

人間ドック