便秘防止食事対策

朝食を規則正しくとる習慣が大切で快便につながります。


規則正しい食事の習慣化

食事の量が少なすぎると便の量も減るので、1日3回きちんと食事をとることが重要です。

野菜、果物、穀物、海藻、豆など食物繊維の多い食品を積極的にとります。

水分(水もしくは野菜や果物のジュース、スープなど)も適量とることが大切です。 [#sb9dd974]

腸を活性化する食べ物

食物繊維などをたっぷりとって腸に適度な刺激を与える食生活を!

食物繊維を摂る

食物繊維は、消化されずに腸内細菌で発酵されて排泄されます。

野菜、果物、海藻、豆類などの食物繊維の多い食品を1日3食積極的に摂れば、便がたくさん出るようになります。

ただし、痙攣性便秘の場合は控えます。

ビフィズス菌を摂る

ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌には整腸作用があります。

ビフィズス菌は、腸内で増殖・死滅を常に繰り返しており、ストレスやお酒の飲み過ぎなどによって減りやすいので、できるだけ毎日摂りたいものです。

冷たい飲み物を飲む

朝は排便の反射が盛んなときです。

朝食は必ず食べるようにして、排便を促します。
冷たい牛乳や水を飲むと、腸が刺激されるので、より効果的です。

ガスの発生しやすいものを食べる

いも、かぼちゃ、栗、豆、バナナなど、腸内で発酵してガスを発生しやすい食品を摂ると、腸が刺激されて腸の動きが活発になり、排便効果が高まります。

ただし、痙攣性便秘のときは逆に控える必要があります。


 

便秘防止食事対策の関連ページ