人間ドック

さまざまな検査で病気の有無を調べるのが人間ドックです。

人間ドックの種類

人間ドックは、身体全体や特定部位の健康上の異常を探るための施設、あるいはシステムのことを言います。
「ドック」とは、船を建造・点検・修理するための施設をいい、この言葉のとくに点検に着目して人間に当てはめた用語が、人間ドックです。

人間ドックには、全身を対象にした、いわゆる人間ドック(全身ドック)・抗加齢ドック(アンチエイジングドック)のほか、特定の臓器を対象とした脳ドック心臓ドック骨ドック、そして各種がんを発見するためのがんドックなどがあります。

これらのうち全身ドックとがんドックは、とくに広範に実施・受検されています。

人間ドックでは、一般的な健康診断で実施されるスクリーニング検査と同様の検査とともに、精密検査なども実施され、病気の存在の有無を徹底的に調べることができます。



人間ドックで実施される主な検査

人間ドック(全身ドック)で行われる検査は、その実施医療機関によって、わずかな違いがありますが、おおむね次のような検査が行われます。

まず、一般のスクリーニング検査の各項目です。
その他、肺活量などの肺機能検査、眼底・眼圧検査、上部消化管X線(または内視鏡)検査、腹部超音波検査、肝・腎機能検査、心機能検査、腫瘍マーカーによるがん検査、便潜血反応検査なども行われます。

さらに希望により、その他のがん検査や感染症疾患のための検査などを追加することもできます。

これらのようにさまざまな検査を行うため、検査は短くて半日か1日、コースによっては数日かけて実施する場合もあります。



一般的な人間ドックの検査項目

検査の種類主な検査項目
問診・診察既往歴・服薬歴・喫煙歴・自覚症状・聴診・腹部触診など
身体身体測定身長・体重・BMI・腹囲など
視力など裸眼視力・矯正視力・眼底・眼圧
聴力オージオメーターによる
血圧血圧
血液肝機能・肝炎AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTP・ALP・LDH・総ビリルビン・アルブミン・HBs抗原・HCV抗体など
腎機能総たんぱく・A/G比・ナトリウム・カリウム・尿素窒素・クレアチニン・尿酸など
脂質総コレステロール・HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪など
血糖空腹時血糖・ヘモグロビンA1cなど
膵機能アミラーゼなど
貧血・血液成分赤血球数・血色素量・ヘマトクリック・血清鉄・血小板数・白血球数など
炎症CRP
腫瘍マーカーCEA・PSAなど
肺機能肺活量・1秒率・1秒量など
心機能安静時心電図・負荷心電図・CPKなど
尿・便尿糖・尿たんぱく・尿潜血・尿pH・尿沈査・便潜血反応など
画像胸部X線・上部消化管X線・腹部超音波など


人間ドックの関連ページ

がんを早期発見できる!