二日酔い防止食事対策

肝臓に負担をかけない飲み方で、二日酔いを予防することが重要です。


二日酔いを防ぐ飲み方

おつまみを食べながらゆっくり飲む

空腹時には、食後の1/3の時間でアルコールが吸収され、肝臓に運ばれます。
飲む前に軽くお腹にいれておくといいでしょう。

飲んでる最中、肝臓は必死に働いています。
肝臓がアルコールを分解できる処理能力は、日本酒なら1時間でたったの0.3合です。

肝臓の負担を減らすには、必ず食べながら飲む、時々水を飲むことが重要です。
ちゃんぽんは厳禁です。

アルコールの分解を促す食品を摂る

ごまに多く含まれるセサミンという成分には、アルコールの分解を促進する作用があるといわれています。

ごま和えやごま油を使った料理をおつまみにしながら飲んで、大量のアルコール処理で疲れた肝臓をサポートしましょう。

肝機能を高める食品を摂る

大量のアルコール処理で疲れた肝臓には、十分な栄養と休養が必要です。

牡蠣、シジミ、ホタテ、イカなどの魚介に多く含まれるタウリンやウコンに含まれる成分クルクミンは、肝臓の機能を強化する効果があります。

これらの成分を豊富に含む食品を積極的に摂るとよいでしょう。

二日酔いになってしまった場合は、水分をたくさんとって血中のアセトアルデヒド濃度をうすめることも重要です。
シジミ汁やウコン茶などはより効果を高めます。

  • クルクミンの多い食品
    ウコン、ウコン茶、カレー粉など。

 

二日酔い防止食事対策の関連ページ