乾燥肌防止食事対策

バランスの良い食事でタンパク質やビタミンをしっかり補給し、肌のトラブルを内側から改善することが大切です。


肌の主成分のタンパク質をしっかり摂る

タンパク質は、肌をはじめ体を構成する重要な成分です。

不足すると、体の健康状態が悪くなるだけでなく、肌の状態も悪くなり、乾燥し、潤いが失われます。

タンパク質とビタミンCを一緒にとると、コラーゲンの生成が促進されます。

乾燥肌の改善に有効な成分

ビタミンAに肌に潤いを与える働きが、ビタミンB2・ビタミンB6には肌に張りや弾力を与える働きがあります。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、皮膚の抵抗力を高め、肌の張りを保つことにつながります。

ビタミンEは、血液循環を促して血色のよい肌にし、肌のすみずみに栄養分を行き渡らせ、潤いをもたらします。

有効成分働    き含まれている食品
ビタミンA皮脂腺や汗腺の働きを高めますモロヘイヤ、鰻、レバーなど
ビタミンB2・B6皮膚の新陳代謝を促し、張りと弾力を与えます。レバー、サバ、サンマなど
ビタミンCコラーゲンの生成を助けます。柿、キウィ、ピーマンなど
ビタミンE血行をよくし、肌に潤いを与えてくれます。アーモンド、かぼちゃ、キングサーモンなど
必須
脂肪酸
体内で合成できない脂肪酸のことで、細胞
膜を構成するリン脂質の成分で、不足すると皮膚に異常が現れます。
植物油、魚油など

 

乾燥肌防止食事対策の関連ページ