不眠

現代社会は、ストレスや夜型生活で睡眠の時間も質も低下しがちです。
精神を安定させて、体内時計を整える食事リズムが大切です。

不眠の症状

眠りたいのに目が覚める

私たちは睡眠をとることで、脳や体を休め、疲れを癒しています。

寝付きが悪い、途中で目が覚める、朝早く目が覚めるといった症状は、睡眠不足をもたらします。

睡眠不足が続くと、血圧が上昇したり、糖質を代謝する能力(耐糖能)が低下したりするため、心臓疾患や糖尿病などにつながる恐れがあります。

日本人の平均睡眠時間は年々減少傾向にあります。

睡眠

2002年に日本睡眠学会が行った睡眠実態調査によると、全体的な睡眠の質について満足していると答えた人は43%で半数以上の人が満足していないことがわかりました。

睡眠不足に悩む日本人は確実に増えています。



不眠症の要因・原因

不規則な生活とストレス

不眠を引き起こす原因は、病気による身体的苦痛をはじめ、時差ぼけ、不安やストレスうつ病などの精神疾患、環境の変化、寝室の騒音、薬の服用など、実に様々です。

体の中には「体内時計」が備わっており、およそ24時間の周期でリズムをつくっています。

睡眠もこの体内時計にコントロールされ、そのため、夜になると眠くなるのです。

インターネットやテレビの深夜番組などの影響で、大人も子供も夜型化していますが、夜間に活動する割合が大きくなるとこの体内時計が狂ってしまいます。

より睡眠をとるには、体内時計を狂わせないことが大事です。

食事は毎日決まった時刻にとり、同じ時刻に床に就き、同じ時刻に起きるようにすることが大切です。

また、不安や悩みなどの過剰なストレスがあると、神経が高ぶって眠れなくなります。

一時的であれば問題ありませんが、これが続くと夜は眠れず朝寝坊、翌日も寝付きが悪いという悪循環を繰り返します。

睡眠時無呼吸症候群

疲れがあったり深酒したときに、いびきをかくことがありますが、いびきは睡眠の質が悪い証拠で注意が必要です。

大きないびきと無呼吸を繰り返す「睡眠時無呼吸症候群」は突然死の原因になります。

患者の70%は肥満であるともいわれています。

肥満が気になる人は食生活を見直して肥満を解消しましょう。



不眠症の関連ページ