レシチンの賢い摂取方法

卵黄に含まれているレシチンは、血中コレステロールを溶かす優れものです。健康なら1日1個は食べたいものです。

卵のコレステロールが気になる方は、大豆のレシチンを摂ると良いでしょう。
大豆は、ポットに熱湯と乾燥大豆を入れて一晩おいておくと簡単にゆで大豆ができるので、つくりおきしておくのも良いでしょう。



レシチンを賢く取るレシピ

豆腐入り茶碗蒸し

【材料】

  • 絹ごし豆腐1/2丁、カキ100g、卵2個、おろししょうが小さじ1、大根おろし適宜、調味料A(だし汁1カップ、醤油小さじ1、塩小さじ1/4)

【作り方】

  1. 豆腐は半分に切り、水気をきる
  2. カキは大根おろしで洗い、その後、水で洗って水気をきる。
  3. 卵は溶いて調味料Aを加えてさらに溶きほぐす。
  4. 器に豆腐とカキを入れて3.を注ぎ、蒸し器に入れ、中火で約20分蒸す。
  5. おろししょうがを添える。




レシチンの摂取方法関連ページ