レシチン

レシチンは、脳神経や神経組織を構成する成分の一つリン脂質の一種で、水と油を結びつける乳化作用を持ち、これによって、血管壁に付着した脂肪酸を溶かし、動脈硬化を防ぎます。

さらに、脳や神経、細胞内の情報伝達物質のホスファチジルコリンが痴呆(認知症)を防止します。

また、レシチンにはコリンとイノシトールという脂肪肝予防効果のある成分が含まれ、これらの働きにより、高血圧動脈硬化を予防します。

レシチンは、ビタミンEの吸収を助けるため、サプリメントで摂取する場合はビタミンEを一緒に摂ると相乗効果が高まります。

レシチンは、枝豆、卵、大豆製品などに含まれています。
その中で、すぐれているのが大豆レシチンです。
リノール酸やリノレン酸といった必須脂肪酸が含まれ、ホスファチジルコリンとともに効果的に働きます。



レシチンを多く含む食品

  • 枝豆、卵、豆腐、納豆、ピーナツ


レシチンのすぐれた働き、効果



レシチンの関連ページ