ルチン

ルチンは、体内の活性酸素を除去して、がんや生活習慣病の予防改善に効果のある成分です。

植物に含まれる色素成分フラボノイドの一種で、毛細血管の弾力性を保ち、活性酸素を除去します。
そして、脳出血や糖尿病を予防するだけでなく、高血圧の改善、膵臓機能の活性化、止血作用などにすぐれた効果があります。

蕎麦

とくに、そばや野菜類に多く含まれる抗酸化栄養素で、ルチンを含む植物は昔から生薬として炎症を抑えたり、出血を止めたり、腰痛をやわらげるためにも利用されていました。

ルチンはそばの実の外層部分に多く含まれていますが、ゆでている間に栄養成分が溶け出てしまう性質があるので、そばを食べるときは、そば湯も必ず摂ることをお勧めします。

ルチンは、ビタミンCと一緒に摂取すると効果が高まりますので、ビタミンCを含む柑橘類などと合わせて摂ると良いでしょう。



ルチンを多く含む食品

ルチンのすぐれた働き、効果

  • がん予防、止血作用、生活習慣病の予防


ルチンの関連ページ