ユリ根

おせち料理などに使われるユリ根は、その名のとおりユリの根っこです。

ゆりね

スーパなどで売っているのは食用のヒメユリやヤマユリの球根で、ホクホクの上品な食感と独特な甘み、苦みが魅力のしゃれた和食材です。

食感の秘密は、67%パーセントと少ない水分(野菜は通常90%程度)と27%を占める糖質にあり、その成分構成はイモ類に似ています。

ユリ根の糖質は主にブドウ糖で、胃腸が弱っているときの滋養強壮に最適です。

ビタミンは少ないものの、タンパク質とカリウム(塩分を排出させる)が多く、栄養補給や血圧の安定にも良いヘルシー食材です。

また、ユリ根には少々の粘りがありますが、これはコンニャクと同じ食物繊維のグルコマンナンによるものです。
便秘予防に効果があり、多くの有害物質を体外へ排出してくれます。



ユリ根のすぐれた働き、効果

ユリ根の主な栄養素



ユリ根の関連ページ(通販情報)