メチオニンの賢い摂取方法

メチオニンは、タンパク質を合成する必須アミノ酸の一つで、レバーや鶏肉に多く含まれています。

鶏肉をまるごと煮込んだ韓国料理サンゲタンは、メチオニンを摂るのにおすすめです。
レバーも上手に料理に活用すると良いでしょう。



メチオニンを賢く取るレシピ

レバーソテーの薬味ソースあえ

【材料】

  • レバー200g、にら100g、ゴマ油小さじ2、塩少々
    調味料A(酢大さじ1.5、ネギみじん切り大さじ1.5、醤油大さじ1、しょうがみじん切り小さじ1)

【作り方】

  1. にらは根元を切り、沸騰した湯でかためにゆでて水にとる。
  2. にらの水気を切ったら、3cmに切り、皿に広げる。
  3. レバーはそぎ切りにし、流水で洗い、水気をふき取り、塩少々をふる。
  4. フライパンにゴマ油を熱し、レバーの両面を焼き、2.のにらの上に盛る。
  5. 調味料Aを混ぜ合わせ、レバーの上にかけて混ぜ合わせる。




メチオニンの摂取方法の関連ページ

国産鶏レバー(2kg)

国産鶏レバー(2kg)
価格:1,155円(税込、送料別)