メチオニン

メチオニンは、タンパク質を合成するために必要不可欠な必須アミノ酸の一つで、イオウを含んだ含硫アミノ酸です。

血液中のコレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除いて肝機能を強くする作用があり、強肝剤の注射薬にも利用されています。

即効性のある抗うつ剤としての作用も認められています。

また、生体内で生理活性物質の生成・代謝に深く関係しているため、不足すると肥満の原因になるといわれています。

メチオニンは、脂肪肝を防ぐコリントいう物質を合成し、肝臓機能を強化、解毒作用を活発にし、ケガや薬などに反応して起こる皮膚のかゆみや痛みを引き起こすヒスタミンの血中濃度を下げてくれます。

メチオニンが含まれる主な食品としては、しじみ、牛乳、レバー、全粒小麦などがあります。
不足分はサプリメントで補給するのも良いでしょう。



メチオニンを多く含む食品

メチオニンのすぐれた働き、効果

  • 解毒作用、肥満予防、肝機能強化


メチオニンの関連ページ