ムメフラールの賢い摂取方法

うめぼし

梅干しには、もともとクエン酸が豊富に含まれていて、多くの薬効がありますが、梅干しを焼くと、梅干しに含まれている糖とクエン酸が化学変化を起こし、ムメフラールが生じます。

梅干しを摂るなら、焼き梅干しにすると、血液サラサラ効果、さらにダイエット効果が得られます。

食べすぎは、塩分の摂りすぎになるので、1日1~3粒を目安にすると良いでしょう。



ムメフラールを賢く取るレシピ

焼き梅

【作り方】

  1. アルミホイルを適当な大きさに切り、2枚重ねにして、梅干しが焦げ付かないようにクシャクシャにもむ。
  2. アルミホイルに梅干しを包み、オーブントースターで10分ほど焼く。梅干しに焼き目がついて、中までホカホカになっていたらでき上がり。
  • フライパンや焼き網でも、梅干しを転がすようにすると焼くことができます。




ムメフラールの摂取方法関連ページ