ムメフラール

ムメフラールは、青梅を加熱して梅肉エキス製造する際に、しぼり汁に含まれている豊富なクエン酸とエステルが化学反応を起こして生成される化合物のことです。

うめ

残念なことに梅自体には含まれていませんが、梅エキスや焼き梅干しなどには血液をサラサラにする成分ムメフラールが含まれています。

もともと梅には、カルシウム、リン、鉄などのミネラルがたっぷりと含まれており、血液を弱アルカリ性に保ってくれます。

そして、梅干しに含まれるクエン酸によって物質代謝が促進され、疲労防止、疲労回復はもちろん、スタミナが保持できます。

これらの効果に加え、クエン酸などとの相乗効果によって血液をサラサラにして、心筋梗塞や脳血栓など危険な病気を防ぐ成分ムメフラールは、重要な栄養素といえます。



ムメフラールを多く含む食品

  • 梅肉エキス、焼梅干し

ムメフラールのすぐれた働き、効果



ムメフラールの関連ページ