ムチンの賢い摂取方法

ながいも

ムチンが多いやまいもには、長いも、いちょういも、やまといもなどがあります。

いずれも加熱すると消化酵素の働きが落ちるので、生で食べるのが良いでしょう。

すりおろして麦とろや、やまかけにするのが消化酵素を活かすのには効果的です。

れんこんに含まれるムチンビタミンCも水に溶けやすいので、水にさらしたり下ゆでせずに、天ぷら、煮物、きんぴらなどにして摂ると良いでしょう。




ムチンを賢く取るレシピ

れんこんの酢の物

【材料】

  • れんこん140g、生シイタケ4枚、油揚げ2枚
    調味料A(酢大さじ2、砂糖大さじ1、サラダ油・酒・だし各大さじ1/2、塩小さじ1/3、しょうが1/4片、赤唐辛子1/4本)

    【作り方】

    1. れんこん、シイタケは薄切りに、油揚げは油抜きして縦半分にし、5mm幅に切る。
    2. 耐熱容器に1.を入れ、調味料Aを加えて、ラップして電子レンジで3分加熱する。
    3. いったん取り出し、混ぜ合わせて2分加熱する。




ムチンの摂取方法の関連ページ