ムチン

ムチンは、やまいもなどの野菜にも見られる粘性物質の総称で、主成分は糖タンパク質です。
これらは、唾液腺を刺激して消化を助ける働きのほか、胃の粘膜をうるおして胃壁の保護します。

山芋

つまり、常食することで胃腸の働きが活発になり、肝臓への負担も軽減します。

飲酒時におつまみとして食べるだけで、胃炎や胃潰瘍の予防になり、便秘を改善して肌のツヤを良くし、老化も防止してくれます。
また、血液をサラサラにして脳血管障害を予防する効果が注目されています。

ムチンを含む野菜としてオクラ、やまいもなめこ、れんこんなどがありますが、なかでも多く含むのが、やまいもです。
やまいもには、ムチンのほか食物繊維ポリフェノールも多く含まれています。

また、生食することが多いので、ビタミンCも壊れにくく、血液をサラサラにする効果が期待されます。



ムチンを多く含む食品

ムチンのすぐれた働き、効果

  • 胃炎・胃潰瘍予防、ドロドロ血液の改善、脳血管障害予防、便秘改善など。


ムチンの関連ページ